よくある排水管からの水漏れ

よくある排水管からの水漏れ トイレ 水漏れでよくあるのが、排水管からの漏水です。もし水漏れを発見した時は、まずは慌てずにどんな原因でどの程度水が漏れているのかなどを判断します。原因によっては自分で直すことができる場合もあるからです。自分で直すことができれば業者を呼ぶ必要はなく、経費も安く済みます。
排水管から水が漏れる原因はいくつかあります。まず考えられるのが結露であり、管自体の汚れや接続部分の緩みもあります。あるいは経年劣化による腐食や破損などが考えられます。そして、それぞれの原因によって対処法も変わってきます。そのため水漏れを見つけたら原因を特定して、その程度によって自分で直すのか、専門業者に頼むのかを判断することになります。

■タンクや排水管の結露

床や排水管が濡れているのに、どこから水が漏れているのか分からないことがあります。これはまず最初に結露を疑ってみます。冬はそれぞれの部屋が暖房されていても、トイレは寒いままなのが一般的です。そのような場合、トイレと他の部屋との温度差で結露を起こしてしまうことがあります。また、タンク内の水温と気温の温度差が大きくて湿気が多いと、タンクの周りに結露が発生します。結露が原因の場合はどこかが悪くて水漏れを起こしているわけではありませんので、さほど心配することはありません。排水管やタンクをきれいに拭いたら、換気扇を回したり、しばらく扉を開けておけば自然と結露は収まります。

■排水管の接続部分の緩みとパッキン
排水管の接続部分にトラブルがあると、水を流した時に水漏れが起こります。これは接続部分が緩んでいる場合や、パッキンが悪くなっている可能性が考えられます。こんな時、水が漏れている部分が分かっているのなら、まず、その接続部分のネジを確認します。緩んでいるときにはそれを締め直すことで直ることがあります。ただし、このとき注意すべきことは、ネジが固い時は無理に回そうとしてはしないことです。無理をすると管の破損につながる恐れがあるからです。レンチなどでネジを締め直しても改善しない場合は、パッキンが原因かもしれません。パッキンは自分で買ってきて付け替えることができます。ただしパッキンをホームセンターなどで購入する場合、その大きさを間違えないようにすることが大切です。口径が合わなければ、当然水漏れは直りません。

■排水管の腐食および破損

排水管は消耗品ですので、当然耐用年数があります。使い続けていると次第に腐食していったり、地震や何らかの振動によって破損したりします。接続部分は特に弱い場所ですので、錆びたり破損が見られたりするときには、早めに交換をした方が良いでしょう。交換は自分でもできないことはありませんが、実際にやるとなると案外難しいものです。そんな時には無理をせずに専門家に任せた方が安心です。特に腐食している場合は管自体が弱くなっていますので、ちょっとの力で破損することもあります。そのため直そうとして無理をしないことが一番大切なことです。

■まとめ
排水管からの水漏れは、防水テープなどを巻いておくと防ぐこともできます。しかし、これはあくまでも応急処置であって、これで大丈夫だと思って放置しておいてはいけません。必ず専門の業者に修理を依頼するべきです。また、腐食や破損などの場合、経年劣化によることが多いため、今回漏水の箇所がそこだけだったとしても、安心はできません。経年劣化の場合、トラブルが起こった箇所だけを直せば良いというわけではないのです。たまたまその箇所にトラブルが発生したというだけで、次にまたどこかの箇所が水漏れを起こす可能性はとても高くなります。ですから腐食や破損の場合は、応急処置をした後、なるべく早い時期に全体を交換するということを考えておくべきでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

コンテンツ

最新ニュース