コンテンツ

排水管からの水漏れは専門業者に依頼する

排水管からの水漏れを見つけて、もしそれが自分の手に負えないようなトラブルだとしたら、一体どうしたらよいのでしょうか。水のトラブルは一刻を争うようなことも多々あります。応急処置だけでそのまま放置しておくのは危険ですので、なるべく早く水道 修理の専門業者を呼んだほうが良いでしょう。この際にまずすることは、止水栓を閉めることです。水さえ止めておけば、これ以上の被害は防げます。止水栓の場所を知らない場合にはきちんと確認をしておきましょう。大抵は外の家周りにあります。

■業者に依頼する前に行っておくこと

業者に依頼をする前に、トラブルの解決がそれほど緊急ではない場合、まずトラブル箇所を確認しておきます。明らかにそれだと分かる場所なら簡単にトラブル箇所を特定できますが、水道メーターだけが異常だという場合は、どこの排水管や給水管のトラブルかは分かりません。そんな時は、まずすべての蛇口を閉めておきます。その上で水道メーターをチェックして、まだメーターが動いているようなら、どこかから水漏れしていることになります。次に一つ一つ目で確認していきます。これで見つかる場合もありますが、見つからなくても大丈夫です。自分が事前にしたことをきちんと相手に伝えれば、業者にとっても水漏れ箇所の特定が容易になります。

■依頼する時の注意

業者に連絡をしたら、まず最初に見積もりを取ります。なるべく見積もり無料のところを選びましょう。できれば何社かから取ると安心です。その上で、適切な業者を検討することになりますが、見積もりは必ず現地の状況を調べてから見積もってくれる会社が信用できます。電話やメールだけの会社が必ずしも悪いわけではありませんが、後日追加料金などを請求してくる業者も存在しますので、注意が必要です。次に、訪問時の際の相手の対応にも注意しましょう。きちんとした説明をしてくれるかどうか、言葉や態度が丁寧かどうかも判断材料になります。また、依頼した際の電話の応対なども重要な要素です。信用できる会社なら社員教育がしっかりしていますので、きちんとした対応をしてくれます。トイレリフォームの際も同様です。

■まとめ
水道業者を選定する場合、緊急だとどうしてもあまり吟味もせずに頼みがちです。通常ならどの会社を選んでも大丈夫なはずですが、中には悪質な業者もいるので注意が必要です。後でトラブルにならないためにも、業者を選ぶ際は十分に検討をしましょう。必ず対面してみて見積もりを取り、相手の説明に十分納得した時に依頼をすることが大切です。この際、決して値段の安さにひかれてはいけません。安い分、いい加減な施工だったということもあるからです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ