コンテンツ

排水管からの水漏れにおける施工について

排水管からの水漏れがあり、それを自力で直せない場合は、できるだけ早く業者に依頼しましょう。業者は水漏れ箇所を特定し、それに対して修理の施工を行ってくれます。パッキンの劣化などが原因の場合は簡単に直りますが、もし排水管が腐食したり破損したりして修理が困難な場合は、時としてトイレの交換をせざるを得ないこともあります。信頼のおける業者に依頼したら、その説明を良く聞き、納得のいく修理方法をとることになります。

■修理業者に依頼する

修理業者に施工を依頼する時に、注意する点があります。それは事前に営業時間と料金を確認しておくことです。時間外の電話は相手方にとっても迷惑になります。しかし、突然のトラブルの場合は、現実問題としてどうしてよいか分からなくなるのも事実です。そんな時には、テレビコマーシャルなどで24時間年中無休で修理を行っていると宣伝しているところもありますので、そのような業者に連絡してみるのが良いでしょう。トラブルはいつどんな形で出てくるかは予想できません。トラブルが真夜中や早朝などに起きた場合のことも普段から想定しておくのがおすすめです。また、いずれの場合もそうですが、料金はきちんと確認することが大切です。慌てているとどうしても料金の確認を忘れがちです。後々料金問題でトラブルにならないように、事前に聞いておくことは必須事項です。

■施工に問題が見つかった場合

排水管の水漏れ施工で、きちんとした施工がなされ、何も問題が起きなければ良いのですが、まれに施工不良でトラブルが発生することがあります。新品のトイレに交換した場合で、そのトイレ自体に欠陥があった時は、トイレのメーカーの責任になります。これらの商品には必ず保証期間があり、その保証期間内に故障した場合は、メーカーが修理あるいは交換をしてくれることになっています。また、トイレ本体などの設備の問題ではなく、施工そのものに問題がある場合、今度は業者が保証を約束しているのかどうかが問題となります。大抵の場合は無料で直してくれますが、念のために施工後の保証について話し合っておくべきです。そうしておけば、後に何かトラブルが起きても無償で直してくれます。

■まとめ
工事をした後にまだ直っていなかったりして、工事をやり直してほしい場合がないとは言えません。そんな時のために業者は、信頼のおける会社を選ぶべきです。また、工事前に施工後の保証はあるのか、どの程度の保証なのかを確認しておくと良いです。良心的な業者なら、最初から保証を付けているところもあります。できることならそのような会社を選ぶと安心です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ