コンテンツ

シンクの排水管からの水漏れトラブル

シンクにある排水管にも、水が漏れるという水のトラブルが起こります。ある日突然シンク下に水たまりを見つけると、誰でも焦ってしまうものです。しかし、こんな時こそ冷静に対処しなくてはなりません。まず、最初に見るべき場所はシンク下にある排水管です。水滴がついていたり、濡れていたりするようなら排水管からの水漏れということになります。

■水漏れの原因

水漏れの原因としては、まずシンクと水が溜まる排水トラップとの間にあるゴムパッキンの劣化が考えられます。ゴムが劣化して固くなってくると、隙間ができて水が漏れてしまうのです。次に排水管の継ぎ目に使われているナットの緩みが原因となることがあります。下を覗いてみると分かりますが、継ぎ目があります。そこが何かの原因で緩むと水が漏れてくるのです。
そして排水ホースの破損が考えられます。シンク下にある排水ホースがビニール製だと、劣化によって破れたりしていることがあり、この排水ホースが排水管から抜けていても水漏れは起こります。また、排水管が詰まっても管から水は漏れてきます。

■修理方法

まず、ゴムパッキンの劣化が原因の場合は、これを交換することで容易に直ります。次にナットの緩みが原因の時は、ナットを締めなおせば直ります。また、排水ホースが破損していたら、新しいものと取り換えましょう。ホースが外れていたら、それを元に戻せば簡単に直ります。この時に注意することは、ホースが経年劣化で相当弱くなっていることもある点です。こんな時にホースを乱暴に扱うと壊れてしまうことがあります。このような場合は、応急処置として元の管に差し込んだとしても、なるべく早くホース自体を交換した方が良いです。
少し厄介なのは、排水管が詰まっている場合です。これはナットを緩めて管自体を取り外すことができますが、自分でしようとすると、現実問題としてはなかなか大変です。管自体が経年劣化していたり、ナットが錆び付いていたりするとそれが破損の原因となり、さらに厄介なことになりかねません。これは給水管や給湯管の破損の場合も同じです。無理はしないようにしましょう。

■まとめ
シンクから水が漏れる場合も色々なケースがありますが、それぞれに自分で直そうと思えばできないことはありません。家が比較的新しくて排水や給水の管などもそれほど劣化していないのなら、日曜大工気分で修理してみるのも良いでしょう。しかし、それなりの年月を経ているときには、あまり無理をしない方が賢明です。なぜかというと、水が漏れている箇所はその部分だけが弱くなっているわけではないからです。全体が経年劣化しているとすれば、今後、どこから新たな水漏れが発生しても不思議ではないのです。無理をして事態を悪化させることがないように、もし難しいと感じたらすぐに専門業者に依頼しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ